暇人社会人の徒然日記

あまり暇ではないですが、徒然なるままに日記を書いています。 Yahooブログから移転しました。

タグ:野球

早いもので、もう交流戦が始まります。
昨年のカープは交流戦ではいまいちでした。
今年はどうなるでしょうか。

交流戦ではパリーグ主催試合でDHが適応されます。
広島はだれをDHで使用するのでしょうか。
実績で言えば松山選手、フレッシュな若手を試したいのであれば坂倉選手あたりですかね?
長野選手も夏場に向けて使っていきたいところではあります。

また、中継ぎ・抑えの起用もどうなるか気になります。
一部報道では中崎選手が中継ぎに配置転換という話も出ています。
個人的には負けが付くまでは中崎選手で良いと思っています。
クローザーは場慣れした選手の方がいいんじゃないかなと。

色々気になる交流戦。
今年も応援していきたいと思います。

昨日の試合は熱い試合でした。

9回表の阪神の攻撃。
1点ビハインドのところを追いつきました。

広島の中崎投手もコントロールが定まっていなかったですが、
何よりクローザーを打ち崩した阪神の野手陣がすごかったです。

上本選手が出塁した後、
糸井選手、大山選手があっさり凡退。

広島ファンとしては勝ったかな、
と正直思っていました。

しかし、続く高山選手が執念のヒットでつなぎ、
その後梅野選手にランナーをきっちり返されてしまいました。

注目したいのは高山選手。
2球で2ストライクと追い込まれた後、
粘って粘って、最後高めに浮いた球を上手く弾き返しました。
執念です。気持ちが入っていました。

レギュラー奪取に燃える高山選手。
昨日の試合、福留選手がケガで途中退場しましたが、
きっと彼が穴を埋めてくれるでしょう。
敵ながら応援したいと思います。

今日も広島が勝ちました。
ヒーローは山口選手です。

後半は少しばてて、辛そうでしたが、
7回途中までノーヒットノーラン。

テレビで見ていましたが、
いいところに決まっていたと思います。

終盤は逆球も多かったですが、
それでも空振りを狙えるのは、
直球が走っていたからかもしれません。

村上選手にノーヒットノーランを阻止されてからも、
しっかりバレンティン選手を打ち取ったのは流石です。

さわやかなマスク、笑顔の瞬間。
女性ファンが増えそうです。

次の登板がどうなるか。
乞うご期待。

今日の試合、テレビで見てましたが、阪神の今年の強さの理由が見えた気がします。

先発の西投手ですが、先発の役割は果たしたと思います。
しかし、8回に突如乱れてピンチに。阪神ベンチは続投を決断し、結果西投手は打たれて逆転されてしまいました。
結果だけ見れば、西投手を代える選択肢もあったかもしれません。しかし、代えなかった。
もちろん、そこまで西投手が好投していたことも理由としてありますが、何よりも矢野監督、福原コーチが西投手を信頼していたからこそ、この回を託したと考えられます。
西投手は降板後、ベンチで悔しそうな表情を浮かべてました。
でも、これが回の途中で降板して次の投手が打たれたとなれば、西投手も複雑な気持ちになっていたかもしれません。俺なら抑えられたのに、と。

西投手はFA移籍一年目の投手ですが、首脳陣は西投手を心から信頼していることが今日の采配から感じられました。西投手は嬉しかったと思います。
だからこそ、西投手がベンチで見せた表情にはその期待に応えられなかった悔しさが全面に出ていたのではないでしょうか。

試合には敗れましたが、西投手と首脳陣との信頼関係は深まったように思えます。次の登板で西投手はこの悔しさを晴らしてくれるでしょう。

敗戦を糧にして、チームがより一丸となる。これこそ今年の阪神の強さの秘訣です。今年の矢野阪神、あなどるなかれ!

シーズンも終盤でさびしい季節になってきました。
広島の功労者である前田智徳選手と菊地原毅選手が引退するそうです。

前田選手は広島のファンならだれもが知っている天才バッター。
私がファンになった当時には全盛期を迎えていました。
しかし、そこからアキレス腱断裂などの度重なる怪我で出場試合は減ってしまいました。
怪我の前はセンターを守っていたと思います。この後に緒方選手がセンターを守るようになりました。
当時は走攻守三拍子そろった良い選手でした。怪我さえなければ…と思ってしまいます。
2007年に2000本安打を達成してからは毎年引退するのではないかと冷や冷やしていました。
その後代打の切り札として活躍もしましたが、今年ヤクルトの江村投手の死球で手首を骨折。
そのまま引退となってしまいました。
別に江村選手を恨むわけではないのですが、緒方選手も死球が引退への引き金になっただけになんだかなぁと思ってしまいます。

菊地原選手も広島の左の中継ぎとして活躍してくれました。
特に稲尾さんのシーズン最多登板の記録に並んだことは覚えています。
オリックスへトレードになった後は最優秀中継ぎのタイトルも獲得。
そしてまた左の中継ぎ不足の広島にトレードで戻ってきました。
戻ってきてからは怪我(アキレス腱断裂)をしてしまい、育成契約も経験。
しかし去年再び支配下登録され、1軍のマウンドに帰ってきました。
このようにタフネスさを感じさせてくれる選手でした。

二人の選手の経験から言える広島東洋カープのいいところ。
それは例え歳のいった選手が選手生命に関わる怪我をしても手術、復帰まで面倒を見てくれるところだと思います。そして怪我を乗り越えた選手が再び活躍する。ファンとしては嬉しい限りです。
広島の球団としての魅力はそういうところにあると思います。

チームはクライマックスシリーズに進出しています。
二人のベテラン選手のためにもぜひ「日本シリーズ」に進出してもらいたいです。

↑このページのトップヘ