暇人社会人の徒然日記

あまり暇ではないですが、徒然なるままに日記を書いています。 Yahooブログから移転しました。

タグ:自転車

情けないながらパンク修理失敗してしまいました。
 
朝から雨だったのですが無理やりパンク修理を決行。
近所の公園で行っていたのですが紙やすりを忘れる。。。
無理やり行なった結果、ゴムのりがひっつかずに剥がれました。
 
多分、雨の日に紙やすりをかけずにやったのが原因でしょう。
やすりを忘れたのが一番だめでしたね。。。
表面を荒らさないとひっつくものもひっつきません。
 
また月曜日にもう一度修理を行う予定。
 
追記
ということでやり直したところ、見事成功しました。
パッチがなくなったので100円ショップでパンク修理セットを購入。
今度は紙やすりで周りを削ってからパッチを貼りました。
計3ヶ所に貼ってようやく空気漏れがなくなりました。
 
コツはハンマーで叩くときに強く叩きすぎないことですかね?
チューブの下に雑巾を敷いてその上から叩くとチューブを傷つけずに補修することが出来ました。
100円ショップの修理セットでも十分ですね。
パンク修理でも1000円取られることもあるので、自分で直せるとその十分の一で済みます。
お試しあれー。

ある日、自分ちのママチャリの空気が抜けていることに気付きました。
しかしいくらタイヤに空気を入れても、すぐ抜けてしまいます。
結構古いチューブなので交換しようかと思ったんですが
ふと、タイヤのバルブを見てみると虫ゴムがボロボロじゃないですか!
 
イメージ 1
 
これが原因で空気が抜けていたようです。
あやうく早とちりでチューブ交換するところでした。
虫ゴムの交換なら100円でできるので非常にありがたいです。
ちなみに昔自転車屋さんでタダで虫ゴムの交換をしてもらったこともあります。
 
とりあえずチューブ交換はしばらくおあずけですね笑
 

※注意
このページを参考にされる場合は自己責任でお願いします。
事故が起きても、こちらからの補償なんかありませんよー。
 
もう5月も終わり…。早いですね汗
今回はGW中に行なった自転車の前輪のタイヤとチューブ交換です。
元は母親の自転車だったんですが、この頃は誰も乗らないまま放置笑
しばらくぶりに使うことになったのでつるつるな前輪のタイヤを交換しました。
 
イメージ 1 イメージ 2
見ての通りつるつるです。。。いつタイヤが擦り切れてパンクしてもおかしくない状態です。
 
今回の交換で必要な道具、部品などは以下の通りです。
 
レンチ(14インチ):ママチャリの前輪のナットの径は14インチのものが多いです。
             自分はレンチセットをコーナンで購入(1500円前後?)。
レンチ(バルブのナット):径を忘れました;;;
タイヤ(1600円):パナレーサーのママチャリ用のタイヤです。コーナンで購入。
チューブ(500円):あー夏休み。…すいません。コーナンで購入。
リムゴム(200円):リムテープとも言います。コーナンで購入。
 
タイヤ+チューブだけだと2000円ちょいくらいです。
あとKURE556100均のブラシでサビを取りました。軍手もあればうれしいかも。
 
では道具が揃ったところで…いざ交換!
 
まず自転車をひっくり返します。そして前輪のナットを緩めていきます。
が、緩める前にナットやワッシャーなどの順番を覚えておきましょう。
 
イメージ 3
順番を間違えて組み立てると走った時に異音が出ます(以前経験済み汗)。
異音だけで済めばいいですが走行中にタイヤが外れて…なんてことになれば一大事。
しっかりデジカメなどで撮影しておきましょう。
 
イメージ 4 イメージ 5
ナットが外れたら車輪を外し、タイヤとチューブを取り外します。
ブレーキにひっかかって車輪が外れない場合はググって調整法をしらべましょう。
 
今回はボロボロだったのでリムゴムも取り替えました。
続いてパンク修理と同じ要領でチューブとタイヤを一緒にはめていきます。
チューブだけ先につけると、タイヤをはめ込む時に固く、無駄に疲れるので注意です。
 
イメージ 6 イメージ 7
タイヤに空気を入れて、ナットを付け直して完成です。
 
注意点としては
 
購入したタイヤやチューブの袋などに書いてある説明をよく読んでから行なう
→詳しい交換方法が図つきで書いているものもあります。
 
ナットは適度に締めること
→固すぎず、緩すぎずです。外す前にどれくらいの固さか確認しておきましょう。
 自分は確認した後、最初よりちょっと固めの状態で固定しました。
 
チューブをタイヤと車輪の間に挟まないように取り付ける
→この状態のまま空気を入れるとチューブが破裂するので危険です。
 
などです。
 
以上のような感じです。
タイヤ・チューブ交換を自転車屋でお願いすると5000円近く取られることもあります。
高いですが2500円の差を技術料プロが行なう安心感だと割り切ってしまうのもありです。
多少高くても、お金に余裕があるならプロに任せるのが一番。
 
まぁ素人が行なった交換方法なので参考程度でお願いします。
ここだけでなく、他のサイトも参考にしてみてください。
 
 
おまけ
 
イメージ 8
自転車のベルも壊れていたので交換しました。100円ショップの商品です。
パンク修理セットなども売られてます。100均で購入した方が安上がりかも。

↑このページのトップヘ