暇人社会人の徒然日記

あまり暇ではないですが、徒然なるままに日記を書いています。 Yahooブログから移転しました。

タグ:周辺機器

社会人になって更新がなかなかできませんでした。すいません。
今日は使用しているキーボードを紹介します。

使っているのはこれ。

イメージ 1

ダイヤテック社のFILCO・Majestouch miniです。

Majestouchシリーズはメカニカルキーボードの中でも有名なシリーズです。
miniは名前の通り、通常のMajestouchシリーズのキーボードより小さいサイズとなります。
私はPCでゲームはしないのでこのminiでも丁度いい大きさに感じます。
FULLサイズとの違いは方向キーやDeleteキーなどの場所です。
FULLサイズに慣れている方はおそらくDeleteキーの位置に戸惑うかもしれません。

ちなみにキースイッチは茶軸です。青軸のようにうるさすぎず、黒軸のように重すぎず。
私には丁度いい打ち心地です。といっても打鍵音は普通のキーボードよりは大きいです。

中古で購入したのですが、、一度お茶をこぼしてキーボードのスイッチが使用不可能に汗
しかし何回もキーを連打しているとなぜか直りました笑

良いキーボードを買い、丁寧に扱えば何年間ももちます。
付属品や安いキーボードしか買ったことのない方はぜひ一度検討してみてください。
ヨドバシカメラなど大きなお店には展示されているので打ち心地を試してみるといいかも。
軸が変わるだけでキーボードの印象も大きく変わることが実感できます。

昨日からマウスの調子が超絶に悪くなったのでマイクロスイッチの交換を行いました。
以前から少しチャタリングしていたのですが、昨日はすべてダブルクリック状態でした。
「チャタリングキャンセラーを入れるも面倒だし、そもそも根本的な解決にはなってないなぁ。。。」
と思い、スイッチの部分を交換することにしました。

※注意
分解・改造等を参考にされる場合は自己責任でお願いします。
メーカー補償も受けれない可能性大です。こちらからの補償なんかありませんよー。
また感電の危険もあります。かならずACアダプター、バッテリーは外して作業してください。

下の写真の左がロジクールのマウスです。ジャンク品で購入しましたがPCで認識されないので生贄に。
そして右が今回壊れたマイクロソフトのIntelliMouse Explorer 3.0です。
中古品で塗装もはげるほど使用されていたみたいです。さすがにスイッチもへたっているのでしょうか。

イメージ 1

まずはIntelliMouse Explorerの方から分解。
左クリックのスイッチがオレンジ色で囲んだ部分にあります。
これを半田ごてで外します。

イメージ 2

そして次にロジクールのマウスから右クリック部分のスイッチを外します。
ちなみになぜ右かというと、おそらく使用頻度が左よりも少ないんじゃないか思ったからです。
せっかく付け替えてもすぐに壊れたらいやですから。

イメージ 3

そして下の写真が今回外したIntelliMouse Explorerについていたマイクロスイッチを分解したものです。
拡大したらわかりますが、上の金属部分が押し込まれて下の金属部分に当たるという感じです。
結構単純な作りになっています。

IntelliMouse Explorerのマイクロスイッチはオムロンの中国製。むろんオムロン!笑
ロジクールのスイッチはZippy Technologyという会社のスイッチでした。

イメージ 4

付け替えた後が下の写真になります。
試しに使ってみましたが、チャタリングが見事に解消されました!
スイッチはどちらも同じくらいの大きさなので付け替えた後も違和感なくクリックできます。

イメージ 5

今回のMSのマウスですが、スイッチの交換までして使うのは理由がありまして。
自分の手にかなりフィットして使いやすく、買い換えたくないのです。
5つのボタンがありゲーマーにも人気だったマウスなのですが、今は廃版となっています。
昔はマウスにこだわりはなかったのですが、友達に勧められてからはずっとこれを使っています。
大学、自宅、実家のPC全部このマウスで統一しています笑

オークションで液晶モニターを購入しました。23インチです。
かねてからノートからデスクトップに切り替えたいと計画していたので4,500円くらいで購入しました。
安い!しかも三菱製!LGやBenQのジャンク買うよりはお得感があったので満足です。

※注意
分解・改造等を参考にされる場合は自己責任でお願いします。
メーカー補償も受けれない可能性大です。こちらからの補償なんかありませんよー。
また感電の危険もあります。かならずACアダプター、バッテリーは外して作業してください。

ジャンクの理由はこの一面真っ白な画面。電源を入れるとこうなります。

イメージ 1

液晶の割れはないのでコネクターが抜けているだけかな?と勝手に予想。
商品到着後、修理のためにネットで情報収集を開始。
すると同じ症状の三菱の液晶モニターを直した先人さんがいるではないですか!!

Studio zazameta 三菱 Diamondcrysta RDT223WMの修理

今回はこのサイトさんを参考にさせてもらいました。大大大感謝です!
Studio zazametaさんのケースではヒューズが切れていたことが表示不良の原因だったそうです。
さて、とりあえず分解しましょう。

イメージ 3

ねじの数はあまり多くありませんが、カバーは爪でひっかけてあるので慎重に、かつ大胆に外していきます。
液晶パネルはLGのもので型番も参考サイトさんと同じでした。
モニターの型番は微妙に違いますが中はほぼ同じ部品のようです。
中を開いたら液晶裏面上部にあるカバーを外し基板をむき出しにします。

まずはコネクターを付け直しましたが表示に変化はありませんでした。
次に基板をチェックします。写真は撮り忘れてないのですが基板上に確かにヒューズがあります。
テスターでチェックをしてみるとヒューズに電気が流れていません!参考サイトさんとまったく同じ症状です。
なので同じようにはんだでジャンパーしてみました。そして動作確認。

イメージ 2

移りました。信号なしの表示です。写真は見にくいですが実際にはきちんと映っています。
この後パソコンとHDMIでつなぎましたが普通に表示されました。一件落着です。

今回は同じ症状のモニターの修理例があったのですごく助かりました。
最後に参考にさせてもらったStudio zazametaさんにこの場を借りてお礼申し上げます!

先輩がマウスが左クリックできないというので家で修理を試みました。
動作確認をしたところ左クリックができないだけで他は正常に動くようです。
 
※注意
分解・改造等を参考にされる場合は自己責任でお願いします。
メーカー補償も受けれない可能性大です。こちらからの補償なんかありませんよー。
また感電の危険もあります。かならずACアダプター、バッテリーなどは外して作業してください。
 
イメージ 1
 
早速分解してみました。
まず裏のシールをはがすと隠しネジが2つ現れます。
 
イメージ 2
 
これを外すと上のカバーが外れます。そして見える3か所のネジを外します。
もしかしたら他にもネジがあったかもしれません。。。
 
イメージ 3
 
そして…
 
イメージ 4
 
開きました!中は結構密封されていたのか埃はあまりありませんでした。
故障の原因はおそらく赤マルで示したコネクター。ここをしっかり押さえてやると無事左クリックが反応しました。
とりあえず清掃して組み直し。
一応左クリックのスイッチ部分にも接点復活剤をかけておきました。
 
後日当人に渡したところ、少ししたらまたクリックできなくなったそうです。
おそらくコネクターの接触がおかしいのでしょう。
しっかりコネクターの部分を固定してやればまだまだ使えそうです。

追記
先日修理しました。ホットボンドでコネクター部を固めてやりました。これで振動を与えても接触不良にならなくなりました。無事修理完了です。

イメージ 5

※注意
分解・改造等を参考にされる場合は自己責任でお願いします。
メーカー補償も受けれない可能性大です。こちらからの補償なんかありませんよー。
また感電の危険もあります。かならずACアダプター、バッテリーは外して作業してください。
 
家で普段使っているArvelの光学式マウスMWS33BK。
 
イメージ 1 イメージ 2
 
うちの主力パソコンはノートなのでこれくらいの小型のマウスが丁度いいです。
単四電池2本で動き(うちはeneloopを使用)、無線なのでコードのわずらわしさもなし!
値段も手ごろだし、とっても重宝してるマウスです。
ところが最近ホイールを回しても機能しなくなったので分解することに。
電池のふたを外し、見えているネジを外すと…
 
イメージ 3 イメージ 4
 
これは汚れすぎですね。ホイール部に埃がいっぱい。
このマウスは2代目で、前まで同じ型のマウスを使っていました。
が、受信部をへし折ってしまい買い替え。
だから買ってまだ2年もたっていないはず…。
ここまで汚れるということは俺の扱いが悪いのですね汗
早速綿棒で綺麗に埃をとってやり、組み直すことに。
 
イメージ 5
 
そして電池を入れ動作確認すると…見事にホイールが動きました。
ただ埃と一緒にグリスもとれたのか動きが少し重たくなった気も。
まぁ正常に動いているので文句無しですね。
光学式マウスやレーザー式マウスは買い替えるには少し高額です。
マウスは構造が簡単なので買い替える前に中開けて清掃してみても良いかもしれません。
 

追記

この後2週間ぐらいでまたホイールが言うこと聞かなくなりました。
とりあえず他のマウスを使って、このマウスは数ヶ月間放置していたんですが
”マウス ホイール 修理”でググってみると何と修理法が載ってるサイトがありました!
 
乗りログ » Blog Archive » マウスホイールを修理してみる
 
この方法を試したところ…直りましたー!
ペンチで締めるだけで直るとは。驚きです。
おかげでまたこのマウスを使い始めました笑

↑このページのトップヘ