暇人社会人の徒然日記

あまり暇ではないですが、徒然なるままに日記を書いています。 Yahooブログから移転しました。

タグ:パソコン

久しぶりの投稿です。修士論文のせいで暇がなくなっています。

今日もマウス修理です。マウスは同じマイクロソフトのIntelliMouse Explorer 3.0です。
前回のマウスではなく、大学のマウスがチャタリングを起こしたので交換しました。

今回はこのQosmioのマウスからスイッチを奪います。

イメージ 1

汚いくせに300円しました。でも背に腹は代えられないので。。。

Qosmioマウスはスイッチが3つ。しかし二つは簡易型のスイッチでした。
ですので今回はホイールのIntelliMouseと同型のスイッチをいただくことに。

イメージ 2

イメージ 3

分解する際にネジをなめてしまい、IntelliMouseを若干破壊してしまいました。。。
無事スイッチの交換はできたのでよしとします。特に支障ないし。

使い心地は少しクリックが重いような気がします。
やはりスイッチによって押し心地がことなるのですね。

それではまたー。

友達の姉上のPCの液晶が大破したらしく、修理を行いました。
PCは富士通 FMV NF/G50という機種です。
バリバリcore i世代で新しめなのでちょっと修理する際に緊張しました笑

※注意
分解・改造等を参考にされる場合は自己責任でお願いします。
メーカー補償も受けれない可能性大です。こちらからの補償なんかありませんよー。
また感電の危険もあります。かならずACアダプター、バッテリーは外して作業してください。

分解ですが結構簡単でした。
ヒンジ部分のネジを左右2か所外し、フレキシブルケーブルを外すとスイッチパネルが外れます。
すると下の写真のようになるので青の部分の液晶ケーブルと赤の部分の無線LANのアンテナのケーブルを外します。
そしてヒンジを固定している左右のオレンジの部分のネジを外すと上の液晶部分だけ外すことができます。

イメージ 1

液晶部分が外せたら、隠しネジをすべて取って枠を外します。
で、下の図のようにオレンジの部分のネジを外すと液晶パネルを立てることができます。

イメージ 2

下の図が立ててる図です。ちなみに立てると液晶を固定している金属部分が痛みますので注意。
きちんと液晶を外して交換作業をしましょう。

イメージ 3

液晶はググって情報収集をしてみたところSamsung製の液晶と思っていたのですが、実際に分解してみるとLG製でした。
まぁ、解像度と液晶の種類とコネクターと大きさが同じあればLGだろうがSamsungだろうが一緒ですけど。
今回交換したパネルはLG製のLP156WH4です。
元は光沢パネルでしたが、新しいパネルはノングレアでした。

固定している金属部分からパネルを外し、ケーブルを抜きます。
そして新しいパネルに付け替えます。

友達の姉上にすごい!と褒められまくりましたが、液晶パネル交換は案外簡単なので経験さえあれば誰でもできます。
ただ、液晶部分は点灯すると高圧の電気が流れているので注意してください。

ちなみにちょっとしたハプニングがおきまして。
コネクターの接点部分を素手で触ってしまい接触不良が起きてしまいました。
接点復活剤を吹きまくってなんとかなったものの、パネルに何も映らない状態はかなりひやりとしました汗
交換する人は注意しましょう笑

4月に東京に行った際にジャンク品のファンコンを購入しました。サイズ製です!
実家のPCにはファンコンがないので組み込むことに。

イメージ 2

300円で買いました。サイズの風サーバー KS01-BKのようです。
コード類を確かめてみると、温度センサー2本、ファン用ケーブル1本…少ない!笑
そもそも動作するんかいな!と実際に動かしてみると

イメージ 1

普通に動作しました。何もすることがない!笑
新品の価格を見ると300円はお得なのかな?
でも、ケーブルが全然足りないので動作してもどうすればいいかわかりません。
オークションでケーブルが出品されるのを待ちます。

見た目ですが液晶表示はおとなしめの表記です。
ごてごてした表示が苦手な人向けです。逆に液晶の文字が細くて見にくいかも。
ペリフェラルの4ピンから電源を供給するので古いPCならほとんど組み込めると思います。

家にLGA1155のCeleronが余っているので何とか新しいマザーボードをほしがっていたこの頃。
ついに手に入れました!

イメージ 1

ASRock Z68 Pro3というモデルです。
ジャンク品でしたがbios起動まで確認できたということなので購入。
しかも箱やI/Oパネルまで全て付属しているという!いいジャンク品です!

イメージ 2

これによって実家のPCのマザーボード交換を行うことにしました。
まずは今まで使っていたMSI K9AG Neo2-Digitalの取り外しから。

イメージ 3 イメージ 4

このマザーボードは特に壊れていたわけではなく、メモリも4GB載せていたのですが…。
家で眠らせるのはもったいないのでオークションにでも出しましょうかね。

そして交換!ケーブルを差し換えて起動確認!
すると普通に動きました!いえーい。いい買い物でしたー。

メモリは3GB載せています。ファンなしグラボも載せたので電源(450W)はぎりぎりかも。。。
ちなみにこのメモリは家のPCから取り外してきました。
前に、記事に書いたジャンクメモリはメモリが足りなくなった家のPCのために購入したのでした。

Windows8は再インストールしなくてもドライバーが勝手にあたるので交換後でも起動出来ちゃいます。
しかしWindowsの認証は必要なので電話してMBを交換したことを説明し、無事認証できました!

イメージ 5

交換後のエクスペリエンスが上の画像です。
プロセッサが4.8から6.3へ上がりました!メモリは4GBから3GBへ減ったので落ちちゃいましたが。
まあスペックが上がっても使い道はネットサーフィンだけなのですけどね。。。

とある事情でDDR3のメモリが必要になったのでジャンクメモリを買ってみることにしました。
お金があれば新品購入をしたいのですが円高の煽りを受けて購入を断念。。。
中古も考えましたが2GB以上は欲しかったのでジャンクに手を出してみました。

ということでオークションでDDR3、2GBのUMAXメモリを300円くらいで購入!

イメージ 1

格安です!

早速ジャンクパーツを検証用PCに組み込み、memtest86+を走らせました。
すると始まったとたんドバーッと真っ赤な列が大量発生!!(画像撮るのを忘れてました汗)

でもでもこれは単なる接触不良の可能性が大の予感!
ということで接点をいつものKURE 2-26でふきふき。この時復活しろーと念じると効果が増す…かも。
再度memtest86+で確認すると…

イメージ 2

見事、復活!やはり接触不良だったようです
2GBメモリが300円で手に入ったので気分はるんるんです。
ただジャンクメモリは使えないことも多いのであしからず。

追記
上の写真のあと、memtest86+は2回PASSしました。
そして家のPCに組み込んだところ最初にブルーバックが出た以外は順調に使えています。
とりあえず再びブルーバックが出ないことを願いつつ様子見です汗

更に追記
実際にしばらく使ってみたところブルーバックが頻発!
取り外そうとメモリを触ったところ異常なくらいに発熱していました。
これはもう使えない!

↑このページのトップヘ