暇人社会人の徒然日記

あまり暇ではないですが、徒然なるままに日記を書いています。 Yahooブログから移転しました。

カテゴリ: ジャンク品修理・DIYのお話

社会人になって更新がなかなかできませんでした。すいません。
今日は使用しているキーボードを紹介します。

使っているのはこれ。

イメージ 1

ダイヤテック社のFILCO・Majestouch miniです。

Majestouchシリーズはメカニカルキーボードの中でも有名なシリーズです。
miniは名前の通り、通常のMajestouchシリーズのキーボードより小さいサイズとなります。
私はPCでゲームはしないのでこのminiでも丁度いい大きさに感じます。
FULLサイズとの違いは方向キーやDeleteキーなどの場所です。
FULLサイズに慣れている方はおそらくDeleteキーの位置に戸惑うかもしれません。

ちなみにキースイッチは茶軸です。青軸のようにうるさすぎず、黒軸のように重すぎず。
私には丁度いい打ち心地です。といっても打鍵音は普通のキーボードよりは大きいです。

中古で購入したのですが、、一度お茶をこぼしてキーボードのスイッチが使用不可能に汗
しかし何回もキーを連打しているとなぜか直りました笑

良いキーボードを買い、丁寧に扱えば何年間ももちます。
付属品や安いキーボードしか買ったことのない方はぜひ一度検討してみてください。
ヨドバシカメラなど大きなお店には展示されているので打ち心地を試してみるといいかも。
軸が変わるだけでキーボードの印象も大きく変わることが実感できます。

久しぶりの投稿です。修士論文のせいで暇がなくなっています。

今日もマウス修理です。マウスは同じマイクロソフトのIntelliMouse Explorer 3.0です。
前回のマウスではなく、大学のマウスがチャタリングを起こしたので交換しました。

今回はこのQosmioのマウスからスイッチを奪います。

イメージ 1

汚いくせに300円しました。でも背に腹は代えられないので。。。

Qosmioマウスはスイッチが3つ。しかし二つは簡易型のスイッチでした。
ですので今回はホイールのIntelliMouseと同型のスイッチをいただくことに。

イメージ 2

イメージ 3

分解する際にネジをなめてしまい、IntelliMouseを若干破壊してしまいました。。。
無事スイッチの交換はできたのでよしとします。特に支障ないし。

使い心地は少しクリックが重いような気がします。
やはりスイッチによって押し心地がことなるのですね。

それではまたー。

昨日からマウスの調子が超絶に悪くなったのでマイクロスイッチの交換を行いました。
以前から少しチャタリングしていたのですが、昨日はすべてダブルクリック状態でした。
「チャタリングキャンセラーを入れるも面倒だし、そもそも根本的な解決にはなってないなぁ。。。」
と思い、スイッチの部分を交換することにしました。

※注意
分解・改造等を参考にされる場合は自己責任でお願いします。
メーカー補償も受けれない可能性大です。こちらからの補償なんかありませんよー。
また感電の危険もあります。かならずACアダプター、バッテリーは外して作業してください。

下の写真の左がロジクールのマウスです。ジャンク品で購入しましたがPCで認識されないので生贄に。
そして右が今回壊れたマイクロソフトのIntelliMouse Explorer 3.0です。
中古品で塗装もはげるほど使用されていたみたいです。さすがにスイッチもへたっているのでしょうか。

イメージ 1

まずはIntelliMouse Explorerの方から分解。
左クリックのスイッチがオレンジ色で囲んだ部分にあります。
これを半田ごてで外します。

イメージ 2

そして次にロジクールのマウスから右クリック部分のスイッチを外します。
ちなみになぜ右かというと、おそらく使用頻度が左よりも少ないんじゃないか思ったからです。
せっかく付け替えてもすぐに壊れたらいやですから。

イメージ 3

そして下の写真が今回外したIntelliMouse Explorerについていたマイクロスイッチを分解したものです。
拡大したらわかりますが、上の金属部分が押し込まれて下の金属部分に当たるという感じです。
結構単純な作りになっています。

IntelliMouse Explorerのマイクロスイッチはオムロンの中国製。むろんオムロン!笑
ロジクールのスイッチはZippy Technologyという会社のスイッチでした。

イメージ 4

付け替えた後が下の写真になります。
試しに使ってみましたが、チャタリングが見事に解消されました!
スイッチはどちらも同じくらいの大きさなので付け替えた後も違和感なくクリックできます。

イメージ 5

今回のMSのマウスですが、スイッチの交換までして使うのは理由がありまして。
自分の手にかなりフィットして使いやすく、買い換えたくないのです。
5つのボタンがありゲーマーにも人気だったマウスなのですが、今は廃版となっています。
昔はマウスにこだわりはなかったのですが、友達に勧められてからはずっとこれを使っています。
大学、自宅、実家のPC全部このマウスで統一しています笑

友達の姉上のPCの液晶が大破したらしく、修理を行いました。
PCは富士通 FMV NF/G50という機種です。
バリバリcore i世代で新しめなのでちょっと修理する際に緊張しました笑

※注意
分解・改造等を参考にされる場合は自己責任でお願いします。
メーカー補償も受けれない可能性大です。こちらからの補償なんかありませんよー。
また感電の危険もあります。かならずACアダプター、バッテリーは外して作業してください。

分解ですが結構簡単でした。
ヒンジ部分のネジを左右2か所外し、フレキシブルケーブルを外すとスイッチパネルが外れます。
すると下の写真のようになるので青の部分の液晶ケーブルと赤の部分の無線LANのアンテナのケーブルを外します。
そしてヒンジを固定している左右のオレンジの部分のネジを外すと上の液晶部分だけ外すことができます。

イメージ 1

液晶部分が外せたら、隠しネジをすべて取って枠を外します。
で、下の図のようにオレンジの部分のネジを外すと液晶パネルを立てることができます。

イメージ 2

下の図が立ててる図です。ちなみに立てると液晶を固定している金属部分が痛みますので注意。
きちんと液晶を外して交換作業をしましょう。

イメージ 3

液晶はググって情報収集をしてみたところSamsung製の液晶と思っていたのですが、実際に分解してみるとLG製でした。
まぁ、解像度と液晶の種類とコネクターと大きさが同じあればLGだろうがSamsungだろうが一緒ですけど。
今回交換したパネルはLG製のLP156WH4です。
元は光沢パネルでしたが、新しいパネルはノングレアでした。

固定している金属部分からパネルを外し、ケーブルを抜きます。
そして新しいパネルに付け替えます。

友達の姉上にすごい!と褒められまくりましたが、液晶パネル交換は案外簡単なので経験さえあれば誰でもできます。
ただ、液晶部分は点灯すると高圧の電気が流れているので注意してください。

ちなみにちょっとしたハプニングがおきまして。
コネクターの接点部分を素手で触ってしまい接触不良が起きてしまいました。
接点復活剤を吹きまくってなんとかなったものの、パネルに何も映らない状態はかなりひやりとしました汗
交換する人は注意しましょう笑

4月に東京に行った際にジャンク品のファンコンを購入しました。サイズ製です!
実家のPCにはファンコンがないので組み込むことに。

イメージ 2

300円で買いました。サイズの風サーバー KS01-BKのようです。
コード類を確かめてみると、温度センサー2本、ファン用ケーブル1本…少ない!笑
そもそも動作するんかいな!と実際に動かしてみると

イメージ 1

普通に動作しました。何もすることがない!笑
新品の価格を見ると300円はお得なのかな?
でも、ケーブルが全然足りないので動作してもどうすればいいかわかりません。
オークションでケーブルが出品されるのを待ちます。

見た目ですが液晶表示はおとなしめの表記です。
ごてごてした表示が苦手な人向けです。逆に液晶の文字が細くて見にくいかも。
ペリフェラルの4ピンから電源を供給するので古いPCならほとんど組み込めると思います。

↑このページのトップヘ