暇人社会人の徒然日記

あまり暇ではないですが、徒然なるままに日記を書いています。 Yahooブログから移転しました。

カテゴリ: 好きな野球選手のお話

シーズンも終盤でさびしい季節になってきました。
広島の功労者である前田智徳選手と菊地原毅選手が引退するそうです。

前田選手は広島のファンならだれもが知っている天才バッター。
私がファンになった当時には全盛期を迎えていました。
しかし、そこからアキレス腱断裂などの度重なる怪我で出場試合は減ってしまいました。
怪我の前はセンターを守っていたと思います。この後に緒方選手がセンターを守るようになりました。
当時は走攻守三拍子そろった良い選手でした。怪我さえなければ…と思ってしまいます。
2007年に2000本安打を達成してからは毎年引退するのではないかと冷や冷やしていました。
その後代打の切り札として活躍もしましたが、今年ヤクルトの江村投手の死球で手首を骨折。
そのまま引退となってしまいました。
別に江村選手を恨むわけではないのですが、緒方選手も死球が引退への引き金になっただけになんだかなぁと思ってしまいます。

菊地原選手も広島の左の中継ぎとして活躍してくれました。
特に稲尾さんのシーズン最多登板の記録に並んだことは覚えています。
オリックスへトレードになった後は最優秀中継ぎのタイトルも獲得。
そしてまた左の中継ぎ不足の広島にトレードで戻ってきました。
戻ってきてからは怪我(アキレス腱断裂)をしてしまい、育成契約も経験。
しかし去年再び支配下登録され、1軍のマウンドに帰ってきました。
このようにタフネスさを感じさせてくれる選手でした。

二人の選手の経験から言える広島東洋カープのいいところ。
それは例え歳のいった選手が選手生命に関わる怪我をしても手術、復帰まで面倒を見てくれるところだと思います。そして怪我を乗り越えた選手が再び活躍する。ファンとしては嬉しい限りです。
広島の球団としての魅力はそういうところにあると思います。

チームはクライマックスシリーズに進出しています。
二人のベテラン選手のためにもぜひ「日本シリーズ」に進出してもらいたいです。

今日の西武戦で勝ち投手になった中山慎也投手。
3打点のバルティリス選手が「良いピッチングをしている彼のために打った」とコメント。
バルディリス選手の言うように、今シーズンは試合を作れています。
 
中山選手の売りはスタミナ。完投も十分狙えます。
逆にウィークポイントは制球力。四球から打ちこまれ試合を崩すこともしばしば。
 
1年目から1軍で投げ、先発の柱として期待されました。しかし中々チャンスをものにできません。
たまに良いピッチングをするも、次の試合は序盤から失点するなど安定した活躍は残せませんでした。
これでもか!というぐらい先発のチャンスをもらうものの結果が残せない日々。
そして、4年目の2009年。あの悪夢のような試合を迎えます。
 

2009年、大量失点で完投…

5月1日の対楽天戦。
この日先発を任された中山選手は序盤3回までで大量8失点を喫します。
いつもならここで交代ですが…この日はベンチが動きません。
心なしか大石監督も怒ってるように見えます…。
 
この試合、彼は9回を投げ抜きました。12失点完投
大石監督いわく、成長してもらうために投げさせたとのこと。
確かに、いつも序盤で崩れて中継ぎ投手に負担をかけていましたが…
懲罰交代ならぬ「懲罰続投」と言えるような試合でした。
 
この試合はテレビ中継で見ていたんですが、試合終盤は疲れからか球も上ずってました。
もう見るからにいっぱいいっぱい。見ているのも辛かったです。
 
その後、大石監督から見限られたのか09年はほとんど登板せず。
結局勝ち星を挙げることができないままシーズンを終えてしまいます。
 

2010年チャンスをつかみ取り、そして2011シーズンへ

背水の2010年、オリックスは大石監督から岡田監督へと交代。これが転換点になりました。
シーズン終盤に先発の機会が回ってきて、ダルビッシュ投手に投げ勝ちます
その流れで勝利を重ねて自己最高のシーズン3勝を記録。
投球回数も09年の倍に増えたのに対し、四球は17から14へ減少。
防御率も7点台から3点台後半へと安定しました。
 
2011年、同じように毎年先発として期待されていた光原選手がロッテにトレードされました。
中山選手も2010年終盤の活躍がなければトレードされていたかもしれません…。
 
 
今年は8月12日現在の成績は3勝7敗、防御率2.90
シーズン序盤は援護に恵まれなかったりしましたが、ピッチングは今までの年よりよくなっています。
味方の援護後の失点や、四球からの大量失点で崩れることが未だにあるものの
先発ローテーションの一角に食い込んできています。貴重な左の先発です。
 
この人があと5勝くらいしてくれれば、オリックスも面白くなるかもしれません。
というか好不調の波さえなければ二桁勝てると思います。いや、勝ってほしい!
これからも中山選手を応援していきたいと思います。

今年もストーブリーグが過熱し出す時期になりました。
広島は10人の選手に戦力外通告しました。その中で自分が一番応援していた選手は広池選手です。
 
広池選手はカープファンの中でも有名なブロガーでした。
ブログの中で広池選手が入団した経緯を自ら綴った「入団への道」は本にもなりました。
プロ野球の裏側、選手同士の会話、トレーニングの仕方…。
色々なことを広池選手はファンにわかりやすく伝えてきました。
 
自分はプロ野球選手としてだけでなく広池選手の人間そのものが好きです。
会ったことも話したこともないですがブログから広池選手の温かい人柄を感じてきました。
テレビやTVゲームを通してでしか知らなかった広池選手の印象は大きく変わりました。
 
フィールド内の出来事で印象に残っているのはブラウン時代にあった「先発・広池」です。
広池選手の先発から始まり、あとは中継ぎ選手が繋いでいくブルペンdayでした。
正直中継ぎ専門の選手と思っていたのでスポーツニュースで「広島の先発は広池…」
を聞いた時はおもわず「えっ!?」と驚いてしまいました…。
「代走・広池」もびっくりしました。元々大学時代は外野手をされていたので普通にこなしていましたが。
先発から中継ぎ・ワンポイント、代走もこなす広池選手。
幅広い起用法に対応する、というのもプロの技術だと教えてくれました。
 
先日の戦力外通告を知った時はてっきりトライアウトを受けるものだと思っていました。
引退の言葉をブログで見たときは正直寂しかったです…。
ただ年齢的にもここで区切りをつけることは悪くない選択です。
 
これから第2のスタートを切る広池選手。
野球を続けるのか、野球にかかわる仕事をするのか、全く新しい道に進むのか
難しい選択だと思いますが、どちらに進むにせよ成功を願っています。

今季限りでの引退らしいです。
90年代後半から10年近く西武のセカンドとして活躍していました。
守備やバントのような小技の効く選手で西武を影で支えていた気がします。
ただいかんせん打撃のムラが激しいのなんの笑
異常にチャンスに強いシーズンがあったのを覚えています。
でも悪いシーズンになるとめっきり打てないやんちゃぶり。素敵でした。
98年くらいに同じ名字の高木大成とともに頭角を現したのも今は昔。
あのときはいい時代でした…。
しかしレギュラーで通年活躍できたシーズンは意外に少ない選手でした。
横浜から移籍してきた石井義選手や阪神から移籍してきた平尾選手と併用された時もありました。
何気に石井選手3割打つ時あるからなぁ。平尾選手髪型すごいからなぁ。
と、思っていたんですがwikipediaに視力障害を患っていたことが載っていてビックリ。
レギュラーを張れないのはそういう理由だったんですね。
それがなかったら…と、たらればを考えてしまいました。
正直寂しいですよ…。90年代後半の西武を象徴する選手がまた一人いなくなるんですからね。
垣内、小関、大友、高木大成、伊東、新谷、横田、石井丈…そして高木浩之。
西武ファンでもないですがとても寂しいんです泣
毎年この時期は嫌な気分になりますよね…。
ちなみに球団には残るらしいですね。
大成さんは西武のファンサービスで頑張っているんで一緒に頑張ってほしいですね。

広島移籍1年目で大ブレークの赤松選手。
でもまだまだ知らない人も多いでしょう。ちょっとした紹介をしたいと思います。
赤松選手は今年新井選手の人的補償として阪神からやってきました。
阪神時代はオープン戦などで頑張っていました。
が、阪神のセンターには赤星選手がいるので控えに甘んじることが多かったです。
確かに俊足ですが当時の赤星選手と比べられるとレギュラーは少し遠かったです。
よって主に代走要員や赤星選手の欠場時に出場していました。
そこに目をつけたのが広島。
いやぁ目の付け所がよかった!!笑
去年まではセンターを張れる俊足巧打の若手が少なかったです。
どちらかというと外野手は打撃の良い、森笠・廣瀬・末永選手らが目立ってました。
個人的には尾形選手がセンターは適任かと思ってました…が
開幕出遅れたにもかかわらず赤松選手は大フィーバー。
初ホームランの奇跡は記憶に新しいところです。
センターのポジションは天谷選手と赤松選手の事実上二人体制となりました。
新井の穴は二人で埋めてくれたと思います。
というより会見で「広島が好きなんですー」と泣いていながら
阪神にいってウキウキしている人は個人的にどうかと思います。
はい、いきなりの新井批判でした笑
話を元に戻して、赤松選手の足元気がついていますか??
アンダーストッキング上げまくりです!かっこいいです!!
梵選手でおなじみでしたが野球人として出来ているように見えます。
俊足が売りの選手なら走りやすいようにズボンの裾は上げるべきだと俺は思います。
そして赤松選手といえばあのオープンスタンス。
打てるようには見えないぐらい開いています…が、見事に打ちます笑
いやぁ内角低めのボール球もカットできるのがシンジラーレナーイ。
まぁそんな選手です笑 説明が微妙ですがそんな選手なんです笑
これからも赤松選手期待します!!がんばれー!!

↑このページのトップヘ