暇人社会人の徒然日記

あまり暇ではないですが、徒然なるままに日記を書いています。 Yahooブログから移転しました。

カテゴリ: プロ野球のお話

阪神の矢野監督が叩かれています。
理由はソラーテ選手の使い方。
守備力に難のある選手を、どのポジションで使うか。
非常に難しい。
個人的には矢野監督を責めるのはお門違いな気がします。


まず1軍での起用について。
ペナント序盤から中盤まで貧打であえいでいた打線。
その打線の補強のために獲得した選手ですから、
やはり1軍で使うべきかと思います。

そして守備位置について。
ここは早く固定してあげたいところでした。
しかし矢野監督も、ソラーテ選手の守備がこれほど悪いとは思っていなかったのでしょう。
結果、どの守備位置にも適性を見いだせず、たらいまわし。
私は、このたらい回しは致し方なかったように思えます。
そしてファンの嘆きは結果論に過ぎないと感じました。


ファイアーフォーメーションを覚悟の上で打線を組んでも、現状の戦力では打力が足りず。
守備力重視で打線を組んだ場合は、打力が見るに堪えないレベルに落ちる。

板挟みですね…。


本職のサードに固定してあげたい気もしますが、
過去の成績を見るとサードにも適性はなさそうです。
もしサードでダメならば、もう外野しかありません。
個人的にはサードか外野、この二択です。


矢野監督が今後どのように起用するのか、注目です。



今日は京セラドームまで見に行ってきました。
正直なんとも言えない試合でした。

両チームの点の取り合い、と言えば聞こえがいいですが、
エラーがらみの得点のオンパレードでした。


輝いていたのはロッテ・荻野選手。
9回裏満塁のピンチをホームへの好返球でアウトに仕留めました。
田村選手のフィールディングの良さも効いたのでしょう。

逆にその時の走者であった大城選手のスライディングは、
いただけないものだったかなぁと。
回り込んでタッチをかいくぐればセーフだった気がします。
意識の問題か技量の問題か、はたまた私が高望みなのか…。
もちろん最後の安達選手のスライディングとは状況は違うのはわかっていますが、
もう少し工夫がほしかったと思います。


あと、色々な人がヤフーのコメント欄で書かれていましたが、
オリックスの攻撃時の采配が後手後手でイライラしました。

チャンスで当たっている中川選手にバントさせたり、
ノーアウト二塁で後藤駿太選手にバントを試みたり、
繋がらない打線を自ら生み出しているかのような采配でした。

西村監督が目指している野球とは違うのかもしれませんが、
時にはヒッティングで攻める野球を見たい気もします。
たとえバントでランナーを進めたとしても、
誰も返せないような打率の人ばっかりですし。。。


まぁ采配だけではなく個々の選手の技量も気になった試合でした。
気を吐いた若月選手・マレーロ選手は、
新たに加入したモヤ選手や松井雅人選手に競り勝ってほしいと思います。


ロッテは最終回の岡選手のエラー。
守備固めで出しているのにエラーでは目も当てられません。
一緒に見に行っていたロッテファンの友人は憤慨していました。
あれが余計だったのは明白です。
投手の足を引っ張る形になってしまいました。

あと結果的に、岩下選手を下したのも早すぎたなと感じてしまいます。
というよりも酒居選手の調子が悪すぎです。
球も上ずっていたし、明らかに調子が悪そうでした。
ブルペンでは良かったのでしょうか。
なぜ登板させたのか気になるところです。



両球団への愚痴を言っても仕方ないので、その他感想を。



初めて生でリクエストを見ました。
プレーが止まるので少しいつもと違う緊張感とワクワク感が感じられました。
荻野選手の捕殺や最後のサヨナラ打のシーンは納得のいく結果でしたし、
審判団もファンもほっとしていたと思います。


あと、平日のオリックス戦はガラガラですね。
一時期オリックスのファンクラブに入っていたこともありましたが、
その時はもっと人が多かったと思います。
イニングの合間もファンが少し白けているように感じました。
特に女性や子供が少ない印象でした。
というかオリ嬢どこにいったんだ?
球団発表の来場者数は絶対嘘だと思ってしまう今日この頃です。



オリックスは守護神がディクソン選手に固まり、
残る不安は8回まで誰でつなぐかと野手だけ?ですね。
近藤選手や澤田選手など日本人の若手にこだわらず、
外人リレーとか見てみたいところです。
期待して見守っています。

昨日延長の末、惜敗しましたが、
今日は9得点で圧勝しました。

大瀬良投手が良く投げたのはもちろんですが、
何より田中選手が復調したことがうれしかった。

交流戦入る前から復調の気配はありました。
ヤクルト戦でのホームラン、阪神戦でのタイムリーは、
やはりたまたまではありませんでした。

この満塁本塁打と猛打賞で調子づいて、安定して活躍してくれれば、
交流戦も乗り切れるのではないでしょうか。

調子が悪い時はショートに曽根選手や安部選手を入れてみては?と思っていましたが、
守れる田中選手を使い続けたことで、カープも復調できたのではないかと今なら思えます笑

明日、西武相手に勝ち越せるかどうかが肝心です。
期待しながら試合を見守りたいと思います。

早いもので、もう交流戦が始まります。
昨年のカープは交流戦ではいまいちでした。
今年はどうなるでしょうか。

交流戦ではパリーグ主催試合でDHが適応されます。
広島はだれをDHで使用するのでしょうか。
実績で言えば松山選手、フレッシュな若手を試したいのであれば坂倉選手あたりですかね?
長野選手も夏場に向けて使っていきたいところではあります。

また、中継ぎ・抑えの起用もどうなるか気になります。
一部報道では中崎選手が中継ぎに配置転換という話も出ています。
個人的には負けが付くまでは中崎選手で良いと思っています。
クローザーは場慣れした選手の方がいいんじゃないかなと。

色々気になる交流戦。
今年も応援していきたいと思います。

昨日の試合は熱い試合でした。

9回表の阪神の攻撃。
1点ビハインドのところを追いつきました。

広島の中崎投手もコントロールが定まっていなかったですが、
何よりクローザーを打ち崩した阪神の野手陣がすごかったです。

上本選手が出塁した後、
糸井選手、大山選手があっさり凡退。

広島ファンとしては勝ったかな、
と正直思っていました。

しかし、続く高山選手が執念のヒットでつなぎ、
その後梅野選手にランナーをきっちり返されてしまいました。

注目したいのは高山選手。
2球で2ストライクと追い込まれた後、
粘って粘って、最後高めに浮いた球を上手く弾き返しました。
執念です。気持ちが入っていました。

レギュラー奪取に燃える高山選手。
昨日の試合、福留選手がケガで途中退場しましたが、
きっと彼が穴を埋めてくれるでしょう。
敵ながら応援したいと思います。

↑このページのトップヘ