たまたまテレビを点けたら国民栄誉賞の授与式がやっていました。
広島ファンですがついつい見てしまいました笑

泣きはしなかったものの長嶋さんのスピーチは感動しました。
松井選手も謙虚なスピーチで人柄が垣間見えました。

始球式も見ましたが松井さんと長嶋さんよりも原監督が目立っていたのが面白かったです笑
さすがエンターテイナーですね。
安倍総理がアンチ巨人であることを話して場内で笑いが起こっていました。

私の世代は松井選手の全盛期を見てきた世代ですが、少しさびしい思いもあります。
まだまだ選手としての松井秀喜を見ていたかったと思ってしまいます。


試合内容は広島ファンとしては残念でしたが栗原が打てないのならしょうがないです。
采配もあれでしたが、個々の能力も巨人に劣っていたということでしょう。

その中、バリントン選手はよく頑張ったと思います。
援護もない中、巨人打線を抑えたのは流石です。

今年も勝率5割弱で終戦するのか、はたまた勝ち越してAクラスに入るのか。
まだまだこれからですがあまり期待をせず見ていきたいと思います笑