試合結果は3対0でソフトバンクの勝利です。
さてさて、まずはソフトバンク。
ルーキーの巽選手が4回無失点と好投を見せました。ただ2四死球が少し気になります。
去年の大場選手の例があるので自滅癖がつかないように気をつけてもらいたいです。
しかしいつぞやの紅白戦の大量失点からだいぶ調子を上げてきたんですかね。
巽選手開幕まで残れるか見ものです。
野手のほうでは城所選手がレギュラー奪取へアピール成功です。
ホームランを含み2安打。
守備走塁面では高評価ですので今日の打撃を見る限り今年こそ定位置取りを狙えそうです。
問題は広島。
投手陣では長谷川選手が先発3回無失点と好投。
実力はあるのは十分わかっているので今年こそ1年間ローテーションに残ってもらいたいです。
四死球もなく去年の雪辱を晴らしてくれそうです。
中継ぎでは上野、林の両選手が1回無安打無失点と好投しました。
ただ上野選手は3四死球とかなり不安の残る内容でした。
しかしさらに不安が残るのが岸本選手。
1アウト後の四球でリズムを崩しぽこぽこ打たれ2失点。
大島選手は3回投げて城所選手のソロホームランの1失点とまずまずでした。
岸本選手、ここが正念場かもしれません。
一方の野手陣。0点です。
安打がでるもののつながらず点にならず18イニング連続無得点です。
オープン戦の間に打撃陣の結果が出ることを願います。