阪神の矢野監督が叩かれています。
理由はソラーテ選手の使い方。
守備力に難のある選手を、どのポジションで使うか。
非常に難しい。
個人的には矢野監督を責めるのはお門違いな気がします。


まず1軍での起用について。
ペナント序盤から中盤まで貧打であえいでいた打線。
その打線の補強のために獲得した選手ですから、
やはり1軍で使うべきかと思います。

そして守備位置について。
ここは早く固定してあげたいところでした。
しかし矢野監督も、ソラーテ選手の守備がこれほど悪いとは思っていなかったのでしょう。
結果、どの守備位置にも適性を見いだせず、たらいまわし。
私は、このたらい回しは致し方なかったように思えます。
そしてファンの嘆きは結果論に過ぎないと感じました。


ファイアーフォーメーションを覚悟の上で打線を組んでも、現状の戦力では打力が足りず。
守備力重視で打線を組んだ場合は、打力が見るに堪えないレベルに落ちる。

板挟みですね…。


本職のサードに固定してあげたい気もしますが、
過去の成績を見るとサードにも適性はなさそうです。
もしサードでダメならば、もう外野しかありません。
個人的にはサードか外野、この二択です。


矢野監督が今後どのように起用するのか、注目です。