暇人社会人の徒然日記

あまり暇ではないですが、徒然なるままに日記を書いています。 Yahooブログから移転しました。

2013年09月

シーズンも終盤でさびしい季節になってきました。
広島の功労者である前田智徳選手と菊地原毅選手が引退するそうです。

前田選手は広島のファンならだれもが知っている天才バッター。
私がファンになった当時には全盛期を迎えていました。
しかし、そこからアキレス腱断裂などの度重なる怪我で出場試合は減ってしまいました。
怪我の前はセンターを守っていたと思います。この後に緒方選手がセンターを守るようになりました。
当時は走攻守三拍子そろった良い選手でした。怪我さえなければ…と思ってしまいます。
2007年に2000本安打を達成してからは毎年引退するのではないかと冷や冷やしていました。
その後代打の切り札として活躍もしましたが、今年ヤクルトの江村投手の死球で手首を骨折。
そのまま引退となってしまいました。
別に江村選手を恨むわけではないのですが、緒方選手も死球が引退への引き金になっただけになんだかなぁと思ってしまいます。

菊地原選手も広島の左の中継ぎとして活躍してくれました。
特に稲尾さんのシーズン最多登板の記録に並んだことは覚えています。
オリックスへトレードになった後は最優秀中継ぎのタイトルも獲得。
そしてまた左の中継ぎ不足の広島にトレードで戻ってきました。
戻ってきてからは怪我(アキレス腱断裂)をしてしまい、育成契約も経験。
しかし去年再び支配下登録され、1軍のマウンドに帰ってきました。
このようにタフネスさを感じさせてくれる選手でした。

二人の選手の経験から言える広島東洋カープのいいところ。
それは例え歳のいった選手が選手生命に関わる怪我をしても手術、復帰まで面倒を見てくれるところだと思います。そして怪我を乗り越えた選手が再び活躍する。ファンとしては嬉しい限りです。
広島の球団としての魅力はそういうところにあると思います。

チームはクライマックスシリーズに進出しています。
二人のベテラン選手のためにもぜひ「日本シリーズ」に進出してもらいたいです。

昨日からマウスの調子が超絶に悪くなったのでマイクロスイッチの交換を行いました。
以前から少しチャタリングしていたのですが、昨日はすべてダブルクリック状態でした。
「チャタリングキャンセラーを入れるも面倒だし、そもそも根本的な解決にはなってないなぁ。。。」
と思い、スイッチの部分を交換することにしました。

※注意
分解・改造等を参考にされる場合は自己責任でお願いします。
メーカー補償も受けれない可能性大です。こちらからの補償なんかありませんよー。
また感電の危険もあります。かならずACアダプター、バッテリーは外して作業してください。

下の写真の左がロジクールのマウスです。ジャンク品で購入しましたがPCで認識されないので生贄に。
そして右が今回壊れたマイクロソフトのIntelliMouse Explorer 3.0です。
中古品で塗装もはげるほど使用されていたみたいです。さすがにスイッチもへたっているのでしょうか。

イメージ 1

まずはIntelliMouse Explorerの方から分解。
左クリックのスイッチがオレンジ色で囲んだ部分にあります。
これを半田ごてで外します。

イメージ 2

そして次にロジクールのマウスから右クリック部分のスイッチを外します。
ちなみになぜ右かというと、おそらく使用頻度が左よりも少ないんじゃないか思ったからです。
せっかく付け替えてもすぐに壊れたらいやですから。

イメージ 3

そして下の写真が今回外したIntelliMouse Explorerについていたマイクロスイッチを分解したものです。
拡大したらわかりますが、上の金属部分が押し込まれて下の金属部分に当たるという感じです。
結構単純な作りになっています。

IntelliMouse Explorerのマイクロスイッチはオムロンの中国製。むろんオムロン!笑
ロジクールのスイッチはZippy Technologyという会社のスイッチでした。

イメージ 4

付け替えた後が下の写真になります。
試しに使ってみましたが、チャタリングが見事に解消されました!
スイッチはどちらも同じくらいの大きさなので付け替えた後も違和感なくクリックできます。

イメージ 5

今回のMSのマウスですが、スイッチの交換までして使うのは理由がありまして。
自分の手にかなりフィットして使いやすく、買い換えたくないのです。
5つのボタンがありゲーマーにも人気だったマウスなのですが、今は廃版となっています。
昔はマウスにこだわりはなかったのですが、友達に勧められてからはずっとこれを使っています。
大学、自宅、実家のPC全部このマウスで統一しています笑

友達の姉上のPCの液晶が大破したらしく、修理を行いました。
PCは富士通 FMV NF/G50という機種です。
バリバリcore i世代で新しめなのでちょっと修理する際に緊張しました笑

※注意
分解・改造等を参考にされる場合は自己責任でお願いします。
メーカー補償も受けれない可能性大です。こちらからの補償なんかありませんよー。
また感電の危険もあります。かならずACアダプター、バッテリーは外して作業してください。

分解ですが結構簡単でした。
ヒンジ部分のネジを左右2か所外し、フレキシブルケーブルを外すとスイッチパネルが外れます。
すると下の写真のようになるので青の部分の液晶ケーブルと赤の部分の無線LANのアンテナのケーブルを外します。
そしてヒンジを固定している左右のオレンジの部分のネジを外すと上の液晶部分だけ外すことができます。

イメージ 1

液晶部分が外せたら、隠しネジをすべて取って枠を外します。
で、下の図のようにオレンジの部分のネジを外すと液晶パネルを立てることができます。

イメージ 2

下の図が立ててる図です。ちなみに立てると液晶を固定している金属部分が痛みますので注意。
きちんと液晶を外して交換作業をしましょう。

イメージ 3

液晶はググって情報収集をしてみたところSamsung製の液晶と思っていたのですが、実際に分解してみるとLG製でした。
まぁ、解像度と液晶の種類とコネクターと大きさが同じあればLGだろうがSamsungだろうが一緒ですけど。
今回交換したパネルはLG製のLP156WH4です。
元は光沢パネルでしたが、新しいパネルはノングレアでした。

固定している金属部分からパネルを外し、ケーブルを抜きます。
そして新しいパネルに付け替えます。

友達の姉上にすごい!と褒められまくりましたが、液晶パネル交換は案外簡単なので経験さえあれば誰でもできます。
ただ、液晶部分は点灯すると高圧の電気が流れているので注意してください。

ちなみにちょっとしたハプニングがおきまして。
コネクターの接点部分を素手で触ってしまい接触不良が起きてしまいました。
接点復活剤を吹きまくってなんとかなったものの、パネルに何も映らない状態はかなりひやりとしました汗
交換する人は注意しましょう笑

↑このページのトップヘ