暇人社会人の徒然日記

あまり暇ではないですが、徒然なるままに日記を書いています。 Yahooブログから移転しました。

2011年05月

※注意
このページを参考にされる場合は自己責任でお願いします。
事故が起きても、こちらからの補償なんかありませんよー。
 
もう5月も終わり…。早いですね汗
今回はGW中に行なった自転車の前輪のタイヤとチューブ交換です。
元は母親の自転車だったんですが、この頃は誰も乗らないまま放置笑
しばらくぶりに使うことになったのでつるつるな前輪のタイヤを交換しました。
 
イメージ 1 イメージ 2
見ての通りつるつるです。。。いつタイヤが擦り切れてパンクしてもおかしくない状態です。
 
今回の交換で必要な道具、部品などは以下の通りです。
 
レンチ(14インチ):ママチャリの前輪のナットの径は14インチのものが多いです。
             自分はレンチセットをコーナンで購入(1500円前後?)。
レンチ(バルブのナット):径を忘れました;;;
タイヤ(1600円):パナレーサーのママチャリ用のタイヤです。コーナンで購入。
チューブ(500円):あー夏休み。…すいません。コーナンで購入。
リムゴム(200円):リムテープとも言います。コーナンで購入。
 
タイヤ+チューブだけだと2000円ちょいくらいです。
あとKURE556100均のブラシでサビを取りました。軍手もあればうれしいかも。
 
では道具が揃ったところで…いざ交換!
 
まず自転車をひっくり返します。そして前輪のナットを緩めていきます。
が、緩める前にナットやワッシャーなどの順番を覚えておきましょう。
 
イメージ 3
順番を間違えて組み立てると走った時に異音が出ます(以前経験済み汗)。
異音だけで済めばいいですが走行中にタイヤが外れて…なんてことになれば一大事。
しっかりデジカメなどで撮影しておきましょう。
 
イメージ 4 イメージ 5
ナットが外れたら車輪を外し、タイヤとチューブを取り外します。
ブレーキにひっかかって車輪が外れない場合はググって調整法をしらべましょう。
 
今回はボロボロだったのでリムゴムも取り替えました。
続いてパンク修理と同じ要領でチューブとタイヤを一緒にはめていきます。
チューブだけ先につけると、タイヤをはめ込む時に固く、無駄に疲れるので注意です。
 
イメージ 6 イメージ 7
タイヤに空気を入れて、ナットを付け直して完成です。
 
注意点としては
 
購入したタイヤやチューブの袋などに書いてある説明をよく読んでから行なう
→詳しい交換方法が図つきで書いているものもあります。
 
ナットは適度に締めること
→固すぎず、緩すぎずです。外す前にどれくらいの固さか確認しておきましょう。
 自分は確認した後、最初よりちょっと固めの状態で固定しました。
 
チューブをタイヤと車輪の間に挟まないように取り付ける
→この状態のまま空気を入れるとチューブが破裂するので危険です。
 
などです。
 
以上のような感じです。
タイヤ・チューブ交換を自転車屋でお願いすると5000円近く取られることもあります。
高いですが2500円の差を技術料プロが行なう安心感だと割り切ってしまうのもありです。
多少高くても、お金に余裕があるならプロに任せるのが一番。
 
まぁ素人が行なった交換方法なので参考程度でお願いします。
ここだけでなく、他のサイトも参考にしてみてください。
 
 
おまけ
 
イメージ 8
自転車のベルも壊れていたので交換しました。100円ショップの商品です。
パンク修理セットなども売られてます。100均で購入した方が安上がりかも。

やはり今年は何かが違う横浜。吉村選手のホームランでサヨナラ勝ちです。
8回で同点に追いつかれましたが、粘りましたね。
逆に阪神は昨日の反省を踏まえてコバヒロではなく久保田選手を投入。
結果負けてしまいました…。
 

今年の横浜

スタートダッシュは良かったものの定位置にまで落ちてしまった横浜。
しかし今年は去年までとは一味違うと思います。
負けていても粘る粘る。これが逆転につながることもあります。
ベテランの先発陣が崩れる中、中継ぎ陣が踏ん張っています。
特に注目したいのが篠原選手。去年とは打って変わった成績です。
尾花監督が復活を期待して獲得したのが当たった形ですね。
 
恐らく夏場以降に中継ぎ陣が疲れてしまうかどうかが鍵です。
江尻選手の登板過多は明らかですし…。牛田選手が早く戻ってきたらおもしろいかも。
加賀選手を先発に回せる余裕が出てくると横浜も怖い存在です。
 

今年の阪神

阪神ファンは真弓監督の采配を批判されてますが、もっと根本的な原因もありそうです。
近頃の阪神は他球団から選手を取るスタンス。今年もコバヒロを獲得しました。
しかし、そのせいで若手選手が育たない。新しい中継ぎ投手が出てきません。
 
また、野手でも打率1割台で本塁打1本の金本選手をスタメンで出すせいで若手選手が育たない。
得点圏打率は1割切ってます。狩野選手の方が勝負強いんじゃ…。
どういう契約を金本選手としているのかは知りませんが、普通ならスタメンから降ろすべきです。
久保選手が投げる試合ではベンチスタートなのも不可解です。
今年初めに久保選手が契約で揉めてたことと金本選手の休養日の関係はあるのでしょうか。
 
いずれにしろギクシャクしたチームを取りまとめるのも監督の仕事です。
監督の決断で金本選手をスタメンから降ろせば納得して従うでしょうし。
今のままでは真弓監督も批判されたまま解雇される気が…。
阪神の浮上には監督の行動と、若手の奮起が必要だと思います。

↑このページのトップヘ