暇人社会人の徒然日記

あまり暇ではないですが、徒然なるままに日記を書いています。 Yahooブログから移転しました。

2011年03月

福島第一原発の中央制御室では通常の1000倍の放射線が観測されたとの報道が流れています。
原発の正門付近でも8倍の放射線を記録したらしいので、原発から半径10キロ以内にいる方は落ち着いて、ブレーカーなどは落として、肌の露出はできるだけ避けて避難を
くれぐれも落ち着いて。8倍程度ならまだ大丈夫。すぐさま人体に影響を与えることはありません。
 
それにしても制御室で通常の1000倍って…今後どうなるのだろう。自衛隊の化学班が出動しているらしいが…。
漏れてしまったものは止めなければならない。誰かがその作業に当たる必要がある。
原発に向かわれる自衛隊の人の無事を祈っています。

※注意
分解・改造等を参考にされる場合は自己責任でお願いします。
メーカー補償も受けれない可能性大です。こちらからの補償なんかありませんよー。
また感電の危険もあります。かならずACアダプター、バッテリーは外して作業してください。
 
うちのPS3は40GBのHDDを積んでました。
しかし、ゲームのインストールのせいで容量の半分以上が使われることに。
特にグランツーリスモ5のインストールはかなりの容量を使いました。
そこでHDDを換装を決意。
換装するのはHITACHIのHTE543232 2.5インチ SATA 320GB(写真とるの忘れました汗)。
ソフマップで未開封中古3500円くらいだったかな??
HDDも今では安くなってきたので交換してみては??
 

その1.バックアップを取る

まずは外付けHDD(2TB)を繋ぎ、メニュー画面から
設定>本体設定>バックアップユーティリティー>バックアップ
を選び、PS3内のデータのバックアップを取ります。
 
イメージ 1
 
約1時間弱で25GBのデータのバックアップ完了しました。
 

その2.HDD換装

次にHDDの交換に取りかかります。
本体の電源コード等を抜き、HDDの入っている所のカバーを外します。
 
イメージ 4 イメージ 5
 
ネジを取り、HDDを取り出します。
更に4か所のネジを外し、HDDを交換します。
 
イメージ 2 イメージ 3
 
この横に付いたネジは結構固く締めてあるので注意してください。
1か所ネジをなめてしまいました。結果的には瞬間接着剤を使ったらネジは取れましたけど。
 
外せたら新しいHDDに交換します。
そして今度は取り外したのと逆の要領で取り付けます。
 

その3.バックアップを使ってリストアする

取り付けが終わったら電源を入れて動作させます。
あらかじめPS3の公式サイトからシステムアップデートのファイルをダウンロードしておきます。
USBメモリーに「PS3」フォルダを作り、下層に「UPDATE」フォルダを作って
システムアップデートファイルを入れます。説明がわかりにくい場合は公式サイトを見てください。
USBメモリーをPS3に挿し、画面に従って操作します。
 
一段落したら外付けHDDを付け、メニュー画面から
設定>本体設定>バックアップユーティリティー>リストア(復元)
に進み、リストアします。
リストアは1時間弱で終了しました。
リストア後、300GBを認識しているのを無事確認しました。
 

総括

容量が増えると安心ですね。torneを持っている人は特に便利です。
増えた容量を確認した時はなんか達成感がありました笑
 
作業自体は単純でしたが
バックアップ、リストアに時間がかかる
ネジ外しに手こずる
など少し大変な点でした。
 
そこでネジを外すときには電動ドライバーを使うことをおすすめします。
今回のような固定しにくいもののネジを外すときに便利です。女性でも扱いやすいですし。
今では2000円程度の安い電動ドライバーもホームセンターにはあります。
お試しあれー。

※注意
分解・改造等を参考にされる場合は自己責任でお願いします。
メーカー補償も受けれない可能性大です。こちらからの補償なんかありませんよー。
また感電の危険もあります。かならずACアダプター、バッテリーは外して作業してください。
 
今回はVS700のCPU交換を行ないました。
もともとVS700にはCeleron Mが搭載されています。しかし、物足りない。
そこで同じSocket479のPentium M 735と交換することにしました。
CPUの値段は2000円くらいですね。
 
イメージ 1 イメージ 2
 
ふたやヒートシンクを取り外し、CPUを交換。
グリスは銀配合のものを使用しています。ソフマップで700円でした。
塗り終えた後、再び組み直して完成。
 
交換後、確認を行ないました。きちんとPentium Mを認識していますね。
 
イメージ 3
 
動かしてみた感想ですが、メモリ増設とCPU交換のおかげで動作がきびきびしています。
IEを立ち上げると以前は読み込み時に重かったんですが、いくらかマシになりました。
さすがにうちの主力機のVAIOと比べると遅いんですが
VS700の方はネットやExcelが動けばいいのでこれでOKです。
 
VS700を持っていて、増設などを行なっていない人はぜひお試しを。
メモリと比べるとCPUの方が入手しやすいと思います。
しかしメモリと比べて劇的な変化はないと思います。
メモリ増設とCPU交換の両方を行なうのがおすすめです
自分で作業するのが怖い場合はパソコンショップで相談してみましょう。
 
この後、VS700を祖母の家に持って行ったのでVS700の改造はしばらくお休みです。
気が向いたら祖母の家で何かやってみようと思います。
 
ちなみに今回の改造は
を参考にさせてもらっています。
 
より詳しい記事は
 

VS700についてのその他の記事

NEC VS700/AD Valuestar S のメモリ増設

↑このページのトップヘ